パルフェTOP

Best Quality & High Performance.
四季を通じて紫外線に
“負けない”塗料。

紫外線による塗膜劣化の原因を徹底追求し
フッ素樹脂塗料にも劣らない耐候性を実現。
強く、美しい塗膜がお住まいの外観を
長期にわたり守り続けます。

features

パルフェTOP
の特長

水性1液ラジカル制御形シリコン樹脂塗料

  • 超耐候性

    フッ素樹脂塗料にも劣らない耐候性を実現します。

  • 超低汚染性

    優れた親水性効果により、外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とす。

  • 防藻・防カビ性

    最先端のバイオ技術でカビや藻の繁殖を抑制する効果を長期間維持します。

  • レベリング性

    優れたレベリング性により美しい塗膜を形成します。


艶あり・半艶・3分艶・艶消しからお選びいただけます。

塗膜の劣化因子“ラジカル”を抑制し従来のシリコングレードを超えた耐候性を実現
紫外線に強い塗膜がお住まいを長期的に守ります。

“ラジカル”とは塗料の顔料に含まれる酸化チタンが紫外線などに接触することで発生する劣化因子です。
ラジカルは人の肌や塗料の樹脂のような有機質を破壊するため、塗膜劣化の大きな要因となっていました。
「パルフェTOP」はこの劣化要因“ラジカル”を抑制することで
従来のシリコングレードを超えフッ素にも迫る耐候性を可能にしました。

ステージコントロール技術でラジカルを抑制

  • 厚い多重構造無機バリア層で酸化チタン(白顔料)の表面をコートして紫外線の侵入を防ぐ。

  • HALS(光安定剤)により発生したラジカルを封じ込め増殖を抑制。

  • 発生してしまったラジカルも厚い多重構造無機バリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制。

  • 紫外線吸収剤により紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換して放出。

多重ラジカル制御形酸化チタン採用多重構造無機バリア

パルフェTOPは自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されている多重ラジカル制御形酸化チタンを、住宅塗装分野に於いて業界に先駆けて採用しました。これにより従来品を凌ぐ耐候性を実現しました。

 

従来のラジカル制御形白顔料

バリア層が薄いためラジカル制御の効果が見られるものの、完全には封じ込めきれず、樹脂に含まれる有機質を破壊。

 

多重ラジカル制御形酸化チタン[多重構造白顔料]

パルフェTOPの厚い多重構造バリア層は、発生してしまったラジカルをバリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制し、樹脂に含まれる有機質を守ります。

 

紫外線吸収剤(UVA)と光安定剤(HALS)のはたらきによる相乗効果

紫外線から塗膜を守る“盾”の役割を果たすUVAと、
ラジカルの増殖を抑制し塗膜劣化の拡がりを防ぐ“薬”のような役割を果たすHALSは、
併用することで塗膜の劣化抑止効果が相乗的に向上します。

 

樹脂劣化の直接要因となるUV-A波とUV-B波を効果的に吸収し無害な熱として放散。

UVAが防ぎきれず発生してしまったラジカルを封じ込めて無害化し、塗膜劣化の進行を抑制。

優れた耐候性と
圧倒的なライフサイクルコストの低減を実現。

パルフェTOPはコストパフォーマンスに優れながら従来のシリコン樹脂塗料を上回る耐候性を実現。
圧倒的なライフサイクルコストの低減を叶えます。

高耐候性を発揮

紫外線エネルギーより強いシロキサン結合で架橋された強靭な塗膜が紫外線劣化を抑えます。

促進耐候性試験(スーパーUV)

短時間で促進耐候性試験が行えるスーパーUVテスターで、人工的に光・熱・風雨などを再現し、劣化進行を観察します。 JIS A 6909耐候形基準値(光沢保持率80%以上)を約700時間経過しても保ち、従来のシリコン樹脂塗料を上回る耐候性が確認されました。

ライフサイクルコストの比較

「パルフェTOP」は従来のシリコングレードを超え、フッ素に迫る耐候性を有していますので、塗り替えのサイクルを軽減し、長い目で見るとライフサイクルコストの低減に貢献します。

セルフクリーニング効果を発揮する
シラノール親水技術により建物の美観を長期にわたり保持。

「パルフェTOP」は雨水を利用して汚れを洗い落とすセルフクリーニング技術で
建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。
仕上がりも美しく水性タイプのため臭気が少なく環境にも配慮。
機能面、作業性、安全性、全てにおいてバランスの取れた理想的な塗料です。

シラノール親水技術

シラノールとはアルコキシシランを加水分解して得られる親水性を発揮する化合物です。
表層が変成したその塗膜は付着した汚染物質をハイドロクリーニング効果により雨水が流し落とします。
また、静電気の帯電も少なくチリやホコリを寄せ付けず、建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。

シラノール親水技術

シラノールとはガラスの表面にも存在する化合物で、アルコキシシランを加水分解して得られます。表層にシラノール層を有する塗膜は親水性を発揮し、塗膜の表面に水の膜が形成されることにより付着した汚染物質を浮かせ流し落とします。また、静電気の帯電も少なく、チリやホコリを寄せ付けず建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。

塗装直後

塗料樹脂にアルコキシシランが全体に混ざっている

乾燥・成膜過程

空気中の水分と反応(加水分解)し、シラノールになり表層に配列される

成膜後

塗膜表層にシラノール層を形成し、超低汚染性塗膜が出来る

撥水性と親水性

防藻・防カビ効果と、雨で汚れを落とす超低汚染性

 

滑らかで光沢のある美しい仕上がり

優れたレベリング性・消泡性・塗着性により、塗膜欠陥のない肉持ちあるしっとりした美しい仕上がり

全体に泡の発生によるピンホール・クレーターが目立ち、肉持ちも悪く十分な塗膜性能を発揮できない

野外暴露試験

左側に一般シリコン樹脂塗料、右側にパルフェTOPを塗装後10ヶ月間放置した結果、パルフェトップは雨だれなどの汚染物質はほぼ付着していませんでした。

 

作業性に優れ美しい仕上がりに

「パルフェTOP」は特殊配合技ï術により塗着性が高く、ローラーでの施工時に優れた作業性を発揮します。また、必要な膜厚を確保できるため、カブリが良く塗装後の仕上がりの良さや塗膜性能も確保できます。さらに塗装後は塗膜表層の粘度上昇や表面張力をコントロールすることで、優れたレベリング性を発揮し、美しい塗膜を形成します。また消泡性にも優れ、塗膜内部や表層にできる泡による膨れやクレーターなどの塗膜欠陥を防ぎます。

 

試験成績 JIS A 6909 可とう形改修塗材E 準拠
「低温安定性」「ひび割れ抵抗性」「付着強さ」「温冷繰り返し」「透水性B法」「耐衝撃性」
「ひび割れ充てん性」「耐候性A法」「耐候性B法(耐候形1種)」「可とう性」全項合格